NEWS

ベネズエラ、新しい仮想通貨取引所の開始を制限するかもしれない

ベネズエラの政府は、国内で運用可能な仮想通貨取引所の数を制限する方向に移行する可能性があるとされています。

新しくローンチされた仮想通貨に関連する一連のリリースの一環として、先週発行された10ページのマニュアルによれば、ペトロはまず、市場におけるわずか8箇所の取引所での運用が承認される可能性があるとされています。

2月20日に公開されたこの文書では、現地の仮想通貨取引所が運営される必要がある要件について詳しく説明しています。それは、ベネズエラの仮想通貨監督の下で、政府が取引所運営の最初の90日後に制限を修正する可能性があると言う前に、最初に上限が存在することを示唆しています。


ベネズエラの進行中のプロセスを知っている情報源によれば、実際には上限はより限定的かもしれないとしています。

BlinkTradeのDaniel Arraezによると、政府は許可された取引所の数をその数字より少なく制限するかもしれないとしています。BlinkTradeは、ビットコイン取引所のオープンソースソフトウェアを提供しており、2014年にベネズエラでSurBitcoinを開始し、新しいPetroライセンス制度のもとでの運用に適用しています。

Arraezは、規制の変更は大きな市場機会をもたらす可能性があるとする一方で、それは、ベネズエラの人々によって取引所が透明であり、正当なものであると認識される場合に限ると述べています。CoinDeskと話しをしたArraezは、彼の会社の見通しについて楽観的な言葉を打ち明けました。

「現在の規制の変更はプラスの変化だと感じている」彼は述べ、次のように加えました:

我々は市場が安全になると感じるならば、できるだけ早く運営するよう話しをしており、そして、顧客の資金と安全を守るために運用保証を得ることができる。

ベネズエラで、新たに公表された規制枠組みの中で、いくつの取引所が開始されたかは未だに不明のままであります。同様に、どの取引所がMaduro政府と積極的に協議しているのかははっきりしていませんが、2月21日の現地のニュースソースPanoramaの報道によると、Maduroは、「世界の主要な仮想通貨取引所」のうち36が政府と協力していると述べています。

それでも、この文書は、取引所監督についてのベネズエラ政府の考え方と、それがどのようにして仮想通貨周りのエコシステムを構築するかについての展望を示しています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/venezuela-may-move-limit-new-crypto-exchange-launches/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓