レギュレーション(規制)

韓国の法律事務所が政府の仮想通貨取引ルールに対して控訴

Korean Law Firm Appeals Against Govt’s Cryptocurrency Trading Rules

韓国の法律事務所が政府の仮想通貨取引ルールに対して控訴

韓国のソウルにある法律事務所が、政府の新しい仮想通貨取引ルールに不服を申し立てました。Anguk Lawは、行政指導を通じて取引を規制する主張は法的根拠がなく、財産権を侵害しているとの訴訟を提起しました。

 

この訴訟は、憲法裁判所のオンライン上訴制度を通じて提出され、法律事務所は、投資家と仮想通貨取引所による追加控訴も準備すると主張しています。

 

 

ステークにおける財産権

 

同社は、仮想通貨は、合法的な入札ではなく財産であると主張しているため、正当な通貨や経済的価値のある資産を通じて交換することができます。法律事務所は、12月13日と12月28日に発表された政府の規制は「違憲」権限を構成すると主張しています。

 

政府はこの数ヶ月間、急速に拡大している仮想通貨取引に対応して規制を発行しました。政府は、銀行に取引所に仮想口座を提供することの許可を停止するように勧告し、マネーロンダリングやその他の違法行為を防ぐために、口座名義人の身元を確認できる投資家の「本名口座」を通じて資金を移転させると述べました。

 

韓国のほとんどの仮想通貨取引所は、銀行口座にリンクする仮想口座を使用します。バーチャルアカウントは、取引所がクライアントの資金をより簡単に管理できるようにします。

 

 

銀行による仮想口座の停止

 

発表後、銀行は新しい仮想口座を開設することを取引所に許可しなくなりました。したがって、取引所が新しい投資家に役立つことは不可能になります。本名の使用に基づく政府の承認された取引は1月20日から始まると予想されています。

 

政府は仮想通貨を正当な金融商品として認識していません。しかし仮想通貨のトークンを管理する法律は存在しないため、トークンは自由に取引できる商品に似ている、と同社は述べています。

法律事務所は、政府が取引を難しくすることによって仮想通貨の価値を下げていると述べ、財産権を侵害するとの声明を発表しました。同社の弁護士であるJeong Hee-chan弁護士によると、規制は必要だが、法律に基づくべきだと述べた。訴訟は、財産権を認め、社会的コンセンサスに基づいて規制を採択するよう政府に求めている。

 

Hee-chanは、政府が投資家の成功を道徳的に批判的な憶測に結びつけるのは、その問題を十分に検討することなく「非常に気になる」と述べました。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/law-firm-sues-south-korea-for-regulating-cryptocurrency-trading/