レギュレーション(規制)

韓国国防省、軍事基地での仮想通貨取引を阻止する方向へ(2018.01.17)

韓国の国防省は軍事基地におけるオンライン仮想通貨取引プラットフォームへのアクセスを阻止し始めています。

 

韓国の金融当局が国内の仮想通貨取引市場についてより幅広い取り締まりを検討している中で、国の軍隊はすでに兵士たちがビットコインのような仮想通貨を取引するのを防ぐための自らの措置を検討しているとKorea Timesが報じました。

月曜日以来、国防省は、さまざまな軍事基地のインターネットカフェで、兵士の仮想通貨取引所へのアクセスを阻止するためにファイアウォールを設置するのに大忙しになっています。

 

大臣は述べました:

 

内部規則によれば、月曜日から仮想通貨のウェブサイトへのインターネットアクセスを徐々に停止する予定です。

 

引用された「内部規則」に、オンラインギャンブルやポルノWebサイトと並んで、韓国軍の規制下でブロックされている仮想通貨取引所を分類しました。さらに、防衛省はまた、取引プラットフォームのアクセスブロックに加え、仮想通貨取引を規制する抑制策を開発し、導入するよう努めています。

 

「軍隊で行われた仮想通貨トランザクションのための具体的な対策を発表する予定だ」と韓国の省庁関係者は加え、「同省は、軍事的規制に反するかどうかを確認するため、内相会談を行っている。」と述べました。

 

こうした動きは、韓国の政府と規制当局による世界最大規模の現地仮想通貨市場への監視の時期に来ています。先週、国の法務省は、法案の中ですべての仮想通貨取引所の完全閉鎖を提案しました。その反発は即座に起こり、そのような恐怖を止める声明を出すように国の大統領府は強要されました。事態を重く見て、司法省は、財務省を含む他の政府機関からの提案を受けていないと見て、結局は姿勢を軟化させました。

 

一方、自国の法律の下で運営されている軍隊は、今週、兵士に通知を出しました。

 

「兵士たちには仮想通貨取引所サイトのアクセスを控えるよう忠告している。」

 

(引用元)

 

https://www.ccn.com/south-korea-military-blocks-access-cryptocurrency-trading/