レギュレーション(規制)

韓国:1月20日が”匿名による仮想通貨取引を禁止する日”(2018.1.4)

Jan 20: South Korea’s Reported Date to Ban Anonymous Crypto Trading

 

韓国政府は1月20日から匿名仮想通貨取引口座の使用を禁止する新しい規則を施行すると伝えました。

韓国の通信社Yonhapによると、政府は急増している地方の仮想通貨市場を監視して、仮想通貨における投機的な投資を抑制しています。匿名の金融業界の情報源を引用して、この報告書はまた、取引所にマネーロンダリング防止規範の強化を義務づける付随的ガイドラインを指摘しています。

韓国政府は先週、「過度のボラティリティによる高損失」の懸念から、同国の仮想通貨取引市場の抑制を行う意向を発表しました。

「政府当局者は、仮想通貨取引が非合理的に過熱しているという見解を共有しており、この異常な投機的な状況をもう見過ごすことはできない」と述べました。

新しい規則では、銀行と暗証取引所で一致する口座名を持つトレーダーへの預金と引き出しのみが許可されます。新しい匿名の「仮想アカウント」は、業界のKYCのルールを強制し強化するための政府の議題の一部としての完全な禁止を見ることになるでしょう

個人投資家、新規採用者、日常の市民のような韓国の仮想通貨マニアを11月下旬にLee Nak-yon首相が「病理学的現象」と呼びました。

匿名取引を禁止するとされた日は、12月中旬にソウルを拠点とする取引所のYoubitのハッキングに続いて、韓国の当局が複数の仮想通貨取引所の現地点検を実施してから1ヶ月以内に行われます。

韓国政府当局は、仮想通貨取引を完全には禁止していないが、政府高官の一人は、規制当局が将来必要に応じて仮想通貨取引所を停止することを検討することを確認しました。このような脆弱な措置は、他の国会議員からの反対を確認すると確信しているとはいえ、完全禁止の提案は、韓国の法務省が12月上旬に最初に提案しました。

(引用元)

https://www.ccn.com/jan-20-south-koreas-reported-date-ban-anonymous-cryptocurrency-trading/