レギュレーション(規制)

CFTCは仮想通貨を取引を従業員に許可

報告によると、米国商品先物取引委員会(CFTC)は、従業員に仮想通貨に投資するための許可を与えているといいます。

Bloombergの報告では、本日、CFTCの顧問弁護士のDaniel Davis今月初めに回覧状を出して、従業員からのそのようなことができるのかどうかという「多数の問い合わせ」に対応していることが明らかになっているとされています。

当局のメンバーは現在、仮想通貨に投資することはできますが、彼らは依然として仮想通貨先物取引や証拠金取引を禁止されており、それは彼らの仕事を通して集められた内部情報を使うことによることからと情報源は述べています。

CFTCの会長J. Christopherのスポークスマンはまた、「利害の衝突」のために、従業員は自分たちが所有する仮想通貨を含む規制措置を調査したり参加したりすることはできない、と報道機関に述べました。

Bloombergによると、仮想通貨は他の商品と同様に取引されることになっています。 Davisの回覧状はまた、従業員が倫理的に行動する必要性を強調し次のように述べています:

このような環境で、仮想通貨取引に従事する従業員の個人倫理に疑問を呈する状況が熟しています。あなたが法律や政府および委員会の倫理基準に違反しているような体裁を作る行為を避けるように努めなければならないことを覚えておいてください。

しかしながら、いくつかの法律専門家はこの決定に疑問を呈しているとBloombergは指摘しています。セントメアリー大学のデジタルマネーと金融の安定を専門とする法律准教授であるAngela Walchは、その決定を「度肝を抜く」とし、その決定が「規制上の決定を絶対的に歪める可能性がある」と述べています。

同様に、証券の弁護士で元ホワイトハウス倫理弁護士のRichard Painterも、仮想通貨は機能的には商品よりも先物に似ていると語りました。 CFTCは、従業員がそれらに投資することを許可するべきではないと述べ、、この動きを「ただただひどい」と主張しています。

それでもワシントン大学の法律教授のKathleen Clarkは、この動きは理にかなっていると語りました。なぜなら、仮想通貨は現在、商品として分類されているため、現在の 「倫理基準はそれをカバーするのに十分一般的なようである。」としています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/cftc-gives-green-light-for-employees-to-trade-in-cryptocurrencies/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓