リップル

仮想通貨ブーム:なぜみんなリップルについて語っているのか

Cryptocurrency boom: Why everyone is talking about ripple

ビットコインをめぐる熱気が、ライトコインやイーサリアムのような他の仮想通貨に注目しています。

今、それはリップルの番です。

ここ数週間で、リップルの価値が急上昇し、2番目に価値の高い仮想通貨となり、新たな注目を集めました。

Coinmarketcapによれば、XRPとして知られている比較的目立たない仮想通貨は、現在は約2.60ドル、時価総額は1,000億ドルを超える価値があります。 12月上旬にはわずか25セントで取引されていました。

急上昇があっても、リップルの価値はビットコインよりもかなり低いです。波乱の12月の後、ビットコインは火曜日遅くに2500億ドル以上の時価総額で15,000ドルで取引されていました。

リップルの違いは、サンフランシスコに本社を置くRipple社の1社だけで供給が支配されていることです。最近の急激なブームから、現在および以前のリップルの役員が仮想通貨億万長者になったという報告があります。

世界的な金融取引を促進するために2012年にリップルが開始されました。正当な銀行への接続によって、他のデジタル通貨プラットフォームと差別化されています。 Rippleプラットフォームを使用する企業には、Santander(SANPRA)、Bank of America(BAC)、UBS(UBS)などがあります。

近年、日本と韓国の金融サービス会社は、リップルの技術を採用し、仮想通貨の価格を引き上げました。

投資会社であるBlockchain Momentumの研究責任者、Stephen Powaga氏によると、リップルや他のいくつかの仮想通貨は取引手数料が比較的低く、人々がビットコインの代替品を探し始めたときに人気がありました。

しかしビットコインとは異なり、リップルはユーザーによって作成されたり、「マイニングされ」ません。Ripple社に支配力があるのです。

当初、1000億のリップルコインを作り出し、そのうち380億個が流通しています。リップル管理は、毎月最大10億の硬貨を放出することができます。Powagaが、これは市場を超過する可能性があると予測しています。

「4年余りのうちに可能な限り速やかに放出することを選択すれば、波及効果は倍増する」と彼は言ました。

それは価格にプレッシャーをかける可能性があります。

 

「新しい市場参加者の一部がインフレの可能性を十分に認識しているとは確信していない」とPowaga氏は述べました。

国境を越えた支払いに数時間かかるビットコインや数日かかる伝統的な金融取引はリップルによって数秒で終わることになるとRipple社は述べました。

ビットコインと同様に、リップルの決済ネットワークであるRippleNetはブロックチェーン技術を使用しています。

ブロックチェーンは、サービスを使用するすべての人からのトランザクションデータを含む公開台帳です。トランザクションはチェーンを構成する「ブロック」またはコードのリンクに追加され、各トランザクションはブロックに記録される必要があります。

 

(引用元)http://money.cnn.com/2018/01/02/technology/what-is-ripple-cryptocurrency/index.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%253A+rss%252Fcnn_topstories+(RSS%253A+CNN+-+Top+Stories)