ブロックチェーン

10年間で我々はブロックチェーンを持たなくなるだろう

Will MurphyはBotchainの背後にある会社Talla.comのブロックチェーン担当の副社長であり、それは自律的インテリジェントエージェントを管理するためのブロックチェーンです。

ブロックチェーン技術は、10年後には「ブロックチェーン」と呼ばれるレベルまで改善され、もはや有用な用語ではなくなると私は予測しています。

これについて一瞬考えてみましょう。なぜ我々はそれをブロックチェーンと呼ぶのでしょうか?ブロックチェーンの3つの最も興味深い部分は次のとおりです。

  1. コンセンサスメカニズム
  2. 管理メカニズム(チェーン全体の将来の改善を管理する方法のメタコンセンサス)
  3. ブロックチェーン自体の構造

最後のものは、ネットワークの大きさ、処理時間の高速化などに影響します。ブロックチェーンの構造は、なぜそれを「ブロックチェーン」と呼ぶのでしょうか?

では、ブロックチェーンとはどういう意味でしょうか? 2つのコンポーネントの用語を解説しましょう:

ブロック:一緒に連結された一連のトランザクション。

チェーン:ブロックは暗号方式で直線的に接続されている。

バイバイ、ブロックたち。

私は将来的にブロックが必要ないと思います。その代わりに、トランザクションがリンクされ、以前のトランザクションを確認できるシステムになるでしょう。

次のトランザクションを送信するには、キュー内の他のトランザクションを検証する必要があります。あなたが望むもの(送信されたあなたの取引)を手に入れるためには、他人のためにいくつかの仕事をしなければなりません。

それはなぜこの方法なのでしょうか?このモデルのトランザクション時間は、今日のビットコインのトランザクション時間よりも速くなります。マイナーは技術的に削除され、各トランザクションは過去のトランザクションを検証します。より多くの人々がシステムを使用するにつれて、実際にはトランザクション時間が短縮される可能性があるのです。

こんにちは、チェーン。

私はまた、将来的にチェーンがブロックの単一方向性文字列ではなくなるだろうと考えています。私はそれがメッシュ(またはグラフ)のように見えると思います。たぶん、我々はいくつかの異なる方向に分岐する非線形のセットを持つことができ、多くの並列トランザクションが発生している可能性があるでしょう。

ですから、それをトランザクショングラフと呼びます。私はまた、早い段階の類似概念のために用語Tangle(IOTAプロトコルにおける)を見ています。

たぶん、私たちは今日それを “クラウド”と同じように “グラフ”と呼んでいます。私たちはすべて、このグローバルグラフに情報とトランザクションを保存することになるでしょう。(わかっているかどうかにかかわらず)。

DAGに入る

これまで私が想像していた感じと一致する最も近いものは、有向非循環グラフです。

「数学とコンピュータサイエンスの分野では、有向非循環グラフは有向サイクルを持たない有向グラフです。」

DAGモデルはブロックチェーンとは動作が異なります。一般的なブロックチェーンでは、マイナーがブロックを維持する必要がありますが、DAGはProof of Workやブロックのいずれも必要としません。

管理の新しいモデルが必要になります。だから、やるべきことがたくさんあるのです。

しかし、このモデルは理論的には新しいノードが追加されるにつれて良くなります。したがって、現行のブロックチェーンモデルと比較して、手数料(または、イーサリアムの用語、「ガス」)とスケーラビリティの両方の改善モデルとなる可能性があります。

将来的には、ブロックチェーンの機能を果たす何かを持つかもしれません。このモデルには依然として課題があるので、私はこれがどのように機能するのか分かりません。しかし、私はこのデザインが興味深いと思うし、それがどのように発展するのかに興味があります。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/10-years-wont-blockchains/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。