ブロックチェーン

ブロックチェーンとARはゲーム産業を改革している

仮想と現実世界の統合は、ゲームのエコシステムで普通になりつつある発展の結果だ。新たなゲームのほとんどがプレーヤーがおかれる実際の環境と、ゲームのビジュアルと音声コンテンツを融合したものを含んでいる。この現象は仮想現実(AR)と表現される。

現実世界への参加

モバイルデバイスのGPSアプリが働いて、ゲームのプレーヤーはすぐそばの物理的環境の課題と冒険を完了するようにできている。このようなゲームでは、ゲームの主な動向合わせて参加することでいくつかの関連した報酬を入手できる。多くの人々がすぐそばの環境を探求することにほぼ参加しない。そうするためには何かしらの報酬か参加を面白くするチャレンジなどの動機が必要で、ほとんどの場合探求のシステムを魅力的なものにしている。

新たなタイプの技術であり改革段階であるARは、ゲーム産業で現実世界のプロセスを映す様々な実例を見てきた。いくつかは数世紀前の古代の生活であったり、その他は現代の生活や将来の生活だったりした。時間軸を超えて、設定は特定の産業を表現するために構成されている。政治から商業、不動産、文化など。

ARとブロックチェーンの導入

AR導入の典型的な例は、不動産に基づいたロケーションベースモバイルARゲームのMossland Reality Reflectionである。Mosslandでは、世界で利用者が物件を見つけ、ゲームの世界に追加する。これによりMosslandの仮想世界で、利用者が実世界の世界中の物件を売り買いできるようになる。ゲームではブロックチェーンベースの仮想通貨を用いてゲーム内の物件の取引、販売、購入が行われ、ゲームで現実世界の不動産市場を活性化できる。そして利用者に交流の新たな手法を与える。

Temple Treasure Huntも、実際の地図を使うゲームのもう一つの例で、宝の守護神としてインド神話のキャラクターが出てくる。この地理的ゲームは宝を守ったりハントしたりする謎の恋人を中心に進む。

今日のゲームエコシステムでは様々なARゲームが溢れているが、素晴らしい点はブロックチェーンの導入により実際に価値あるものをゲームのエコシステムの中で動かすことを可能にしている点だ。上記で言及した例では、実際の取引やその他の商業活動を含む現実世界の不動産市場を真似したものがあった。世界のネットワークと自動で繋がるためには取引が安全で透明性の高い信頼できるプラットフォームが必要だ。

ゲームで価値を見出す

ゲームの世界のブロックチェーンは、様々な国や文化の人々を繋ぐために必要とされる柔軟性を提供し、トークナイゼーションの価値を強める。ブロックチェーントークン(例えばMosslandのMossコイン)はゲーム市場では必須の換金性に影響する、世界単位の価値の移送を可能にする。オークションや報酬目的なら、ゲーム上の契約を満了する軸となるトークンが接点である必要がある。

ゲーム市場で本物の価値を見い出すには、ブロックチェーンが必ず重要な役目を果たす。トークンはその他の仮想通貨と取引可能、もしくは利用価値を抽出する換金性の無いものだ。明らかに、ブロックチェーンとARは事実上ゲームの解釈において改革を引き起こしている。ゲームがほぼ娯楽とレクリエーションだった過去と異なり、物理的な利得は今現在の経験と結びついている。

世界の様々な場所から個人を繋ぐという社会的価値を超えて、ブロックチェーンとARはゲームを次の段階へ引き上げようとしている。教育、探検、研究、商業的価値は現在エコシステム内で抽出されている価値のほんの数例に過ぎない。

ゲーム関連の仮想通貨記事

Playcoin~ゲーム市場の革新的仮想通貨~

 

(引用元)

https://www.ccn.com/blockchain-and-ar-is-revolutionizing-the-gaming-industry/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓