ブロックチェーン

ブロックチェーンはBrexit後の英国で「関係性の維持」を助けることができるとEUの議員は言う

欧州議会(British Council of European Parliament、MEP)の英国メンバーは、Brexit後の時代で関係性を維持するための手段としてブロックチェーン技術を採用するよう、ロンドン市とイングランド銀行に呼びかけました。

EUの経済通貨委員会の上級議員でもあるKay Swinburneは、ビジネス・インサイダーに対し、「現在の保守的な現状はBrexitにとって危険だ」と述べ、英国は分散型台帳技術(DLT)を採用して市場をより効率的にするべきだと発言しました。

Swinburneは以下のように述べたと報じられました:

Brexit後の英国:ロンドン市はどのように関係性を維持するのか?ロンドン市は、新しい技術の賛同者になり、既存のシステムを補修してBrexit後に動作させるだけでなく、実際に最新技術を先取りすることによって関係性を維持します。

MEPはBrexit後の英国がブロックチェーン技術の恩恵を受けるためにEUより優れていると感じるが、リスクを冒す準備ができている場合にのみそうだと付け加えました。

ブロックチェーンの瞬間を1980年代のMargaret Thatcher下の市場の迅速な規制緩和後の市場活動の活発化である「ビッグバン」と比較すると、「私たちは非常に多くの分野でDLTのコンセプトを証明していますが、今は規模を拡大する必要があります。私たちはいくつかのリスクを冒す必要があります。私たちは、Brexit後のヨーロッパができるようになるとは思っていないような形で、本当に差をつける機会があります。」と彼女は述べました。

保守党MEPはまた、イングランド銀行にブロックチェーンをより現代的な金融政策ビジョンに組み入れるよう訴え、「門戸を開き」、常に発券することを伴わない将来の金融政策を受け入れる最初の中央銀行でなければならないとし、他の代金支払いシステムも関係する可能性があると主張しています。

英国はブロックチェーンへの関心を引き続き示しています。最近、政府の技術革新陣営Innovate UKは、1月に、分散型台帳技術を含む「新興かつ可能な技術の分野」に貢献するプロジェクトに1900万ポンド(2660万ドル)を投資する計画を発表しました。

以前、2016年後半には、金融監督当局であるFinancial Conduct Authorityが、新しい金融商品のテスト環境をブロックチェーンに焦点を当てたスタートアップ企業に提供するための規制「サンドボックス」を開始しています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/blockchain-can-help-uk-stay-relevant-after-brexit-says-eu-lawmaker/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。