ブロックチェーン

中国銀行、ブロックチェーンスケーリングソリューションの特許権取得に移行

中国最大の国有商業銀行の1つである中国銀行は、ブロックチェーンシステムの拡張性を高めることができるプロセスの特許申請を提出しています。

中国の国家知識産権局(SIPO)が2月23日に発表した文書によると、この申請は昨年9月28日に提出され、Zhao Shuxiangによって発明されたとしています。

この申請の詳細は、新しいブロックに前のトランザクションからのトランザクションを格納させるのではなく、データ圧縮システムを使用して、複数のブロックからのトランザクションを特許が「データブロック」と呼ぶものにパックすることができるとしています。

例えば、特許出願に記載されているように、システムがブロック1から1,000にトランザクションを圧縮する要求を受け取ると、新しいデータブロックが形成され、異なるストレージシステムに一時的にホストされます。システムは、パックされたデータを、ハッシュ値を有するハッシュ関数によって実行します。

さらに、圧縮システムは、ブロックチェーン上のブロック、新たに形成されたデータブロックおよび圧縮イベントを識別するラベルを与えます。そして、3つのラベル間の対応関係もブロックチェーンに記録されます。

この方法を使用すると、特許はトランザクションがブロックチェーンに取り込まれるときに新しいブロックに格納されるデータの量を削減する一方で、以前のすべてのトランザクションのデータは改ざん防止であり追跡可能であることを保証します。

この特許は現在、審査過程にあり、まだ付与されていないが、これは、国有商業銀行が分散型台帳技術を使用してビジネスを進める上での幅広い取り組みの一環として行われています。

昨年のCoinDeskが報告したように、中国銀行は既に中国のインターネット大手Tencentと提携し、金融アプリケーションのブロックチェーンを試用しています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/bank-of-china-thinks-it-has-a-solution-to-the-blockchain-scaling-issue/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓