ブロックチェーン

ポーランド銀行がブロックチェーンベースの文書管理システムを使用開始

Coinfirmと呼ばれるブロックチェーン企業は、主要なポーランドの銀行であるPKO BPとパートナーシップを結び、Trudatumと呼ばれるツールを使用してブロックチェーンベースのドキュメント検証を提供しています。このプロジェクトは、ブロックチェーンベースのツールの主な利点の1つ、つまりデータを永続的かつ永続的に格納する機能の実際の実装です。この発表は、ブロックチェインの実装を概念実証の領域から実世界へと導くものです。

“ブロックチェーンに記録されたすべての文書(例えば、取引証拠や銀行の証拠特定の製品に関する条件)は、銀行の秘密鍵で署名された不可逆的な略語またはハッシュの形で発行されます。これにより、ビジネスパートナーや銀行から受け取ったファイルが真実であるか、文書の修正が試みられた場合にクライアントがリモートで検証できるようになります」とCoinfirmチームは書きました。

Coinfirmの創設者PawełKuskowski、Pawel Aleksander、MaciejZiółkowskiはcryptocurrencyとbankingでの経験があり、過去2年間で会社をブートストラップしました。また、損益分岐点に達する投資のためのブロックチェーンベースのAMC / KYCプラットフォームを実行します。彼らは銀行業界に不満を抱いた後にブロックチェーンの世界に入りましたが、業界はそれを取り戻しました。

「Pawel Aleksanderと一緒に、金融業界のAMLプロセスが壊れていることを見て銀行業界を離れることに決めました。それは非常に恣意的であり、何千人もの人員を必要とし、効率は非常に低いです」とKuskowskiは述べています。「デジタル通貨空間の早期発見とその課題は、AMLソリューションの大きな必要性を示しました。また、元帳の性質上、銀行業界の標準である人為的ミスや主観に陥りやすい人に基づくプロセスとは対照的に、データ駆動の機械学習ベースのソフトウェアを作成することができます。ブロックチェインの技術がより良く理解されれば、Coinfirm AML / KYC PlatformからTrudatumまで、コンプライアンスの課題を解決するために使用している新しい製品を引き続きリリースしました。

Trudatumツールは、本質的にPKO BPが「耐久性のあるメディア」を作成することを可能にします。「法律で要求されているクライアントとのすべての契約を保存するデジタルソリューション」

ブロックチェーンに記録されたすべての文書(例えば、特定の製品のトランザクションまたは銀行の利用規約の証明)は、銀行の秘密鍵で署名された不可逆的な略語(「ハッシュ」)の形で発行されます。これにより、ビジネスパートナーや銀行から受け取ったファイルが真実であるか、文書の変更が試みられた場合にクライアントが遠隔から検証できるようになります」とKuskowski氏は述べています。

PKO BPはパイロットプロジェクトに満足しており、文書管理のためにブロックチェーンツールを使用していることを公に認めているヨーロッパの銀行の1つになっています。

PKO BPのAdam Marciniak副社長は、「Coinfirmは、「FintechにPKO Bank Polskiの加速プロセスのおかげで、我々が発見した新興企業の1つです。「すでにいくつかの国で取得したブロックチェーン技術にはかなりの経験があります。昨年、Coinfirmによって開発されたTrudatumプラットフォームのテストを開始しました。銀行環境のテストが非常に満足しているので、私たちはより密接に協力することにしました。我々は、一緒になって、ブロックチェーン技術をポーランドの銀行部門に導入する先駆的な活動を実行できると信じています。

(引用元)
https://techcrunch.com/2018/03/29/polish-bank-begins-using-a-blockchain-based-document-management-system/