ブロックチェーン

デジタル経済のためのブロックチェーン研究所とチームNASSCOM

インドの先端技術産業団体の1つは、世界第2位の人口を抱える国の中でデジタル経済を促進するためにブロックチェーン研究所(BRI)と提携しています。

インドの情報技術貿易組織であるNASSCOM(National Association of Software and Services Companies)は、カナダ政府が支援するBRI研究者と協力し、開発者が国内のツールを作成してローンチする準備としてブロックチェーンプラットフォームについて学ぶのを支援しています。

そのために、両グループは、財務および研究協力関係を確立するための覚書(MoU)に署名しています。メディアプラットフォームINC42によれば、各組織はウェビナーや他のタイプのセミナーに投資し、BRIの研究者はインドの政府機関や他の機関との事例を使って知識を共有することができます。

国際データグループのCIOインドによると、NASSCOMのRaman Roy会長は、彼は研究イニシアチブを開始することを喜んでいる一方、彼は、国でのブロックチェーンの使用が「明日できるプラグアンドプレイ」ではなく、長期的な努力になることを理解しています。


そのために、MoUは、研究を2段階に分けるとBRIのDon Tapscottは述べました。そして、彼は次のように説明しました:

我々はインドで覚醒を創造する必要があり、ブロックチェーンの力を見せて、これを行う組織にインセンティブや割引を見ることによって、我々はこれを行うことができます。これはフェーズ1です。

フェーズ2では、INC42によれば、Telengana州のデジタル・エコシステムの成長を支援することを具体的に目指す、インドにブロックチェーン研究所を建設する予定です。

CNNは、このセンターが「世界中のブロックチェーンに基づいた経済を構築する」というBRIの提案の一環として、この州に「ハイエンドの技術力を提供する」と報告しています。

政府のシンクタンクである国立インド変革委員会のCEOであるAmitabh Kantによると、これらの動きは、電子健康記録、土地記録、デジタル証明書をブロックチェーン上に置くというインドの目標を強化するように思われると述べられています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/india-teams-with-canadian-blockchain-institute-for-digital-economy-push/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。