ブロックチェーン

電子機器大手のFoxconnがSirin Labsのブロックチェーンスマートフォンを作る

台湾に拠点を置く電子機器大手Foxconnの子会社が、Sirin Labsからのブロックチェーンスマートフォンの開発、作成をサポートしていると、報道されています。

Finney(フィニー)と呼ばれるAndroidベースのスマートフォンは、分散型アプリケーション用のアプリケーションストア(dapps)、暗号化ウォレット鍵用の安全なストレージ、トークン間の簡単な変換など、仮想通貨の愛好家に魅力的な特別な機能を備えています。

Bloombergによると、Finneyは10月に約1,000ドルで出荷を開始する予定。当初は世界中の暗号ホットスポットに置かれるために8つの新店舗で販売される予定です。 SirinのCEO、Moshe Hogeg氏は、携帯キャリアを介して最終的に販売されるかもしれないと語りました。

Sirinは、これまでに25,000以上のFinneysが既に予約されており、同社は2018年の販売目標を10万から数百万の範囲で目指していると語りました。

CoinDeskの報告によると、Sirin Labsは12月、これまでに調達した7,000万ドルに加えて、ICOでこのプロジェクトに1億5700万ドルを調達しています。

スイスに本社を置く同社は、当時、この新しい製品は、複数のアプリケーション間での仮想通貨の使用を簡素化できる安全なデバイスなので急速に成長している仮想通貨市場でのギャップを埋めると語りました。

Bloombergの記事では、物理的なスイッチを介して有効になっている仮想通貨のために、Finneyがハードウェアの安全な部分を持つことを示唆しています。

電話の技術的進歩を他の電話機メーカーにライセンス供与することで、SirinはFinneyの価格が後で200ドルに下がる可能性があると考えているとしています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/electronics-giant-foxconn-to-build-sirin-labs-blockchain-phone/