ブロックチェーン

Googleは今後独自のブロックチェーンを作成する予定

Googleは今まで新興企業がさまざまなブロックチェーンプロジェクトを進めていることを見てきましたが、今、同社は大きな進展を遂げることに決めました。

Bloombergは、信頼できる情報源を挙げて、Googleが独自のブロックチェーンを作成し、クラウドサービスと取引サービスを提供することを計画していると報じています。

「Alphabet Inc.のユニットは、第三者が取引を投稿して確認するために使用できる独自の分散型デジタル台帳を開発している」と、これらの情報源の1つは述べています。 Googleクラウドプラットフォームは、コンピューティング、ストレージ、ネットワークなどのツールでさまざまな製品を提供しています。同社はIdentity-Aware Proxyと複数要素認証によるセキュリティを保証していますが、集中型コンピューティング・ネットワークは依然としてユーザーに脅威を与えています。したがって、分散型テクノロジーを使用すると、Googleの安全なインフラストラクチャがさらに強化されます。

Googleは、Sorj Labs、Blockchain、Ripple、LedgerX、Buttercoin、Veemなどのブロックチェーンスタートアップに投資してきました。 CBI Insightsの「最も活発な企業ブロックチェーン投資家」リストで2位にランクされました。しかし、同社は新しいコンセプトに関する詳細をすぐには明らかにしません。 Googleのスポークスマンは、「多くの新技術と同様に、さまざまなチームの個人がブロックチェーンの潜在的な用途を模索しているが、可能性のある用途や計画について推測するのは早すぎる」と説明しました。

Googleの近い人々は、同社がブロックチェーンをオンラインで使用する新しい方法を探していると説明しました。これは、新興企業や他の企業によって既に採用されている多くのユースケースにつながります。 GoogleのIoTツールとブラウザChromeは、中国の電子商取引会社AlibabaとブロックチェーンのスタートアップBraveによって追い抜かれています。そしてAlibabaは最近、IoTサービスのブロックチェーンを立ち上げるためにIoT研究所との契約を結びました。

Braveは、Basic Attention Token(BAT)を使用して広告主、出版社、読者をつなぐEthereumブロックチェーン上に構築されたWebブラウザです。実際、Mozillaの元CEOのBrendan Eichによって構築されたプラットフォームは、30秒で3500万ドルを調達しました。 Googleがユーザーのブラウジングの利便性を向上させる予定の場合、どのようにしてリターゲティング広告の問題に取り組むかは不明です。リターゲティング広告は、あなたが行っていない購入や、最近訪問したウェブサイトを思い出させる広告を見続けている理由です。内蔵の広告ブロッカーを開始したにもかかわらず、前述の広告戦略の問題は解決しませんでした。一方、Braveは、追跡Cookieをブロックし、承認された広告のみを許可することで、ユーザーに匿名性を保持することを約束します。ユーザーは、BATトークンを使用して広告を有効にするための支払いを受けることができます。

先週、Googleは、有害な活動に使用されていたので、仮想通貨関連の広告を禁止しました。 そして「消費者に危害や潜在的な被害が及ぶのを十分に見てきました。それは、慎重に取り組んでいきたい分野です」とGoogleのサステナブル広告ディレクター、Scott Spencerは語りました。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/google-will-create-its-own-blockchain-in-the-future/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓