ブロックチェーン

IBMはブロックチェーンが間違う可能性があることをあなたに知ってもらいたい

企業ブロックチェーンがローンチに近づくにつれて、IBMのサイバーセキュリティ専門家たちは、顧客が新しい投資を安全に保つためにあらゆるステップを踏み出していることを確認しています。

IBMグローバル・ビジネス・サービスのバイオメトリクスとサイバーセキュリティの上級管理コンサルタントであるAdewale Omoniyiはこのような専門家の一人であり、水曜日に彼は技術教育者Decodedが主催するイベントでチームとその使命について語りました。

そこで、Omoniyiは、彼のチームがHyperledgerのコードベーススイートを使用して分散台帳を構築している数十のIBMの企業クライアントとどのように協力してきたのかを概説しました。

最も注目すべきことに、彼はテクノロジーの最上位に位置する次世代のビジネスツールと見なされる新興のベストプラクティスについて議論ししましたが、コントロールがスマートコントラクトと “オンチェーン”と “オフチェーン”の設計上の考慮事項に組み込まれなければならないと彼がなぜ信じるのかについての詳細は省いています。

すでにOmoniyiは、サプライチェーンやデジタルアイデンティティなどのユースケースでブロックチェーンベースのサイバーセキュリティ保証アプリケーションを構築してきたと述べ、彼が学んだのは、ブロックチェーンをハックするのが難しいという理由だけで、彼らが妥協できないことを意味するわけでないということです。

「基本的に、ブロックチェーンは万能薬ではないと我々は言い続けている」と彼は述べ、以下のように続けました:

セキュリティはしばしば結果論ですが、技術の基盤のために、アプリケーションのすべてのレイヤーに防御の深さとコントロールの構築が必要です。

Fort Knoxではない

Omoniyiとイベントの主催者とDecodedのCTOのAmadeus Stevensonの両者は、仮想通貨に重点を置いているにも関わらず、これまでに技術が関わってき起きたいくつかのハッキングを言及しました。

Mt. GoxからDAOのハック、Parityの凍結された資金、BitPay幹部のフィッシングまで、このセッションでは、ブロックチェーンシステムにいくつの複雑なレイヤーが存在するか、またどのように一つの他のレイヤーを見過ごしやすいかについての説明がありました。

「全てに合う1つのサイズがあるわけではありません。1つのツールを使用するということでも、複数のレイヤーを使用するというわけでもありません」とOmoniyi氏は述べました。

たとえば、IBMチームが使用するツールの1つに、脅威モデリングがあります。企業では、ハッカーが誰であるのか、またそのシステムを悪用しようとする理由を検討するよう求められます。

さらに、スマートコントラクトとブロックチェーンエンドポイントをスキャンし、従来のサイバーセキュリティの衛生をこの新しい業界に適用し、重要な管理戦略を策定します、そしておそらく最も重要なことは、セキュリティ評価を通過した後もシステムを監視し続けることです。

そのイベント後のCoinDeskとの会話でOmoniyiは以下のように述べました:

皆さんはFort Knoxを構築することは決してありませんが、すべてのプロセスはより良い防御策を構築するための戦いのチャンスを与えます。

Omoniyiによると、企業クライアントとのセキュリティに関する議論は、顧客のデータのセキュリティが最も重要なため、一般的には困難な会話ではありません。このようにして、これらのクライアントは、通常、チームによる提案に基づいて喜んでプロセスを修正します。

我々は企業と実際の資産、実際の信用証明書について話している。これは概念実証ではなく、仮想通貨でもありません。企業は本当に機密情報を扱っているため、セキュリティをより真摯に受け止めています。」とOmoniyiは述べました。

深刻なユースケース

それでも、Omoniyiと彼のチームは、これまでに評価した企業レベルの分散台帳で深刻な悪用を見つけていません。しかし、彼は認めています、その日が近いことを。

企業ブロックチェーンが生きていくことを考え、潜在的なハッキングが起こる可能性があるとして、Omoniyiは、セキュリティ制御が現在これらのシステムに組み込まれておらず、継続的に監視されなければ、ハッカーは、ブロックチェーンが提供する巨大な潜在性を失速させる可能性があると心配しています。

Omoniyiはその可能性を引き戻し続け、技術のための深いユースケースについて楽観的な印象を与えています。

彼は、食品媒介疾患の原因をより迅速に突き止めるためのブロックチェーンをテストするために、IBMとWalmartを含むいくつかの食品サプライヤーとの協力を指示しました。

Stevensonは以前、Walmartのブロックチェーン業務について言及していて、従業員は約2.5秒で食料品がどこから来たのかを特定することができたと言いました。それは、ブロックチェーン上で追跡される以前の6日間という時間からの減少を示しました。

このように、Omoniyiによれば、食品サプライヤーは汚染された製品がどこから来たのかを正確に判断することで命を救うことができます。彼らはまた、食品がどこから来たのかを正確に追跡できるため、他のサプライヤーから来た同じ食品を捨てる必要がないため、無駄を減らすことができると述べています。

Omoniyi氏は技術に対する興奮をまとめて以下のように述べました:

変化は一定です。技術を恐れることはできません。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/ibm-wants-know-ways-blockchain-can-go-wrong/

 

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。