ブロックチェーン

チャットアプリKikが2つのブロックチェーン上でKinトークンをローンチ

人気のチャットアプリKikはEthereumとStellarブロックチェーンでKinトークンを展開する計画を明らかにしました。双方向ネットワークサポートが特徴の初の仮想通貨になります。

水曜日のブログの投稿で、Kik開発者Gadi Srebnikは昨年ICOで9,800万ドル資金調達した同社が、エコシステム内で換金性や効率性を強化して、複数のブロックチェーンでいかに仮想通貨を展開するかを発表した。

今までにKinはEthereumブロックチェーンでERC20トークンを運用してきた。ネットワークネットワークが混雑に影響を受けやすいことに不満を持ってきたが、昨年Kikはトークンを連合合意モデルが特徴でより速く、より安い決済を可能にするStellerに移送すると言いました。


しかしStellerはEthereumに比べ全く換金性がなく、ブロックチェーンの交換は欠点でした。これを認識しつつ、Kikは、トータルの供給量を増加させることなく両方のブロックチェーン上で並行してKinを展開する方法を開発した。デジタルサービスの内部取引は、外部の決済と取引量が主にEthereumネットワーク上で生じる一方で、Stellerベーストークンを利用するだろう。

Srebnikはこう書いている。


「EthereumがKin所持者に換金性を提供する一方で、ロードタイムと手数料は消費者の日々のニーズをサポートできない。2番めのブロックチェーンとしてのStellerの追加は、低い取引手数料でより速くより効率的な基礎でKinエコシステムを運営するのを可能にする。それはスピードと、エコシステムが求めるデジタルサービスのスケーラビリティを達成するのに必要だ。」

今年下旬にStellerベースのKinトークンがリリースされ、完全に初期化されれば、一方をロックし、他方をロック解除することにより、恐らくスマートコントラクトを通して利用者はネットワーク間でトークンを動かすことができるようになるだろう。開発者が言うには、これが2つのネットワークを介してトークンが安定した価値を維持することが確実になる助けになるという。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/kik-messenger-to-launch-kin-token-on-two-blockchains/