ブロックチェーン

マルタの監視機関が新しいブロックチェーン賭博ガイドラインを提案

マルタ賭博当局(MGA)は、国内のオンライン賭博分野での分散型台帳技術と仮想通貨の使用に関する提案されたガイダンスを発行しました。

現時点でのフィードバックを受けているこの文書は、消費者を保護し、マネーロンダリングやその他の犯罪を防止し、マルタの評判を守る必要性を説明し、そこに記載されている基準は、計画された規制上の「サンドボックス」環境に情報を与えると述べています。最終的に、このサンドボックスは、マルタのリモート賭博エコシステムの新しい規制をもたらす可能性があるとしています。

特に、仮想通貨を受け入れたい企業にとっては、仮想通貨が金融と技術の価値を提供し、「競争の激しい時価総額」を持つ取引所で取引され、企業のユースケースに不可欠であるという条件を満たすことになります。

規制当局は、各仮想通貨を評価し、企業がその企業で利用できるかどうかを最終承認すると述べています。カスタムトークンにも同様の条件が適用されるとその文書では述べています。

サンドボックスの一部として、運営者が主催するゲームは、「透明性を維持し、これらのゲームの公平性を証明する」ために分散型台帳を使用する必要があります。

 

マルタ賭博当局は次のように述べています:

「このサンドボックスの間で、MGAは、運営者がそのような動作設定によってゲームサービスが不当に中断されないことを保証するならば、ブロックチェーン環境で完全にまたは部分的に主催されるゲームを受け入れることになるでしょう。」

このガイドラインは、AML手続の仕組みをさらに明確にし、ゲーム運営者は「仮想通貨やカスタムトークンを資金調達手段として使用することによって、リスクが高まるか、悪化する可能性がある」と計画しなければならないと指摘しました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/malta-watchdog-proposes-new-blockchain-gaming-guidelines/