ブロックチェーン

MITの教授がより良いブロックチェーンを構築するために400万ドルを調達する

Algorandブロックチェーンプロトコルの開発者は、400万ドルのシード資金を調達しています。

資金調達のサポートは、ベンチャーキャピタルのPillarとUnion Square Venturesが行いました。

Algorandは、MITの教授とTuring Awardの受賞者Silvio Micaliによって共著された基盤プロトコルを持つ、仮想通貨および取引プラットフォームを構成します。以前CoinDeskによって報告されたように、proof of stakeベースのシステムは、昨年マルタで開催されたFinancial Cryptography and Data Securityカンファレンスで展示されました。

Algorandは、まったく新しいブロックチェーンシステムを構築するための最新の取り組みであり、分散型システムに関連する認識されたガバナンスの問題に取り組むことを目指しています。プロジェクトは、開発チームを構築し、プロトコルに関する継続的な作業を支援するために資金を使用する予定です。

「Algorandネットワークの強みは参加者の多様性から来ているように、Algorandコミュニティの強みはその貢献者の多様性から生まれている」とMicali氏は述べました。そして次のように続けました、「私たちは、エンドユーザー、開発者、暗号化における研究者、経済、コンピューターサイエンスに結集させたオープンなコミュニティです。」

正確なローンチ日は設定されていませんが、Algorandの開発者は、「年内の」リリースに目を向けています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/mit-professor-raises-4-million-to-build-a-better-blockchain/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。