ブロックチェーン

Ripple、Hyperledgerブロックチェーンコンソーシアムに参加

分散型台帳のスタートアップRippleは、Linux Foundationが支援するHyperledgerブロックチェーンコンソーシアムに参加しました。

Hyperledgerは水曜日、Rippleがグループに加わる14社の中にあるということを発表しました。そして、それは2015年末にはじめて立ち上げられ、現在までに200社以上の企業や組織がランクに追加されています。また、昨年、業界を重視したサービス会社を結成した信用組合のグループが支援する独立したコンソーシアムであるCULedgerも参加しています。

「Hyperledgerとのパートナーシップにより、開発者はエンタープライズ向けのJavaにおけるInterledger Protocol(ILP)にアクセスできます」とRippleのCTO Stefan Thomasは声明のなかで述べました。

ILPは以前はJavaScriptでのみ動作可能でしたが、Rippleは昨年、日本のシステムインテグレーション企業NTT Dataと協力して、Javaプログラミング言語でプロトコルを修正しました。

両社はその後、新しいモニカ「Hyperledger Quilt」の下で、改良されたJavaベースのプロトコルをHyperledgerに提出しました。

「今日のように情報としてお金が動くようなところでは、Hyperledger QuiltプロジェクトはHyperledgerブロックチェーンと、XRP Ledger、Ethereum、Bitcoin(Lightning)、Litecoin、Mojaloop、RippleNetなどの他のILP対応支払いシステムと接続し、価値のあるインターネットのビジョンを実現しています。」とThomasは説明しました。

2018年はHyperledgerコンソーシアムにとって忙しい一年となる予定です。なぜなら、3つのオープンソースのブロックチェーンプラットフォームをバージョン1.0またはプロダクションステータスに進化させ、ブロックチェーンアプリケーション開発のスピードアップを狙ったエンタープライズブロックチェーンツールを立ち上げる予定だからです。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/ripple-joins-hyperledger-blockchain-consortium/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓