Press

MINDOL(ミンドル)が開発予算160億円のゲーム企画開発に着手

MINDOL HOLDINGS LIMITED(代表取締役:福原史洋)はAbuDhabi(アブダビ)のファンドとの共同事業第1弾として、開発予算1.5億USD(約160億円)を計上し、MINDOL(ミンドル)キャラクターを使った対戦型オンラインゲームの企画開発に着手したと発表しました。2019年夏に全世界で販売予定。

第1弾として、MINDOLが主催する絵師コンテストで募集したキャラクターを活用し、世界的人気アニメNARUTOを題材にした「NARUTO TO BORUTO:SHINOBI STRIKER」をはじめ数々の人気オンラインゲームの開発実績をもつソレイユ株式会社(SOLEIL)とタッグを組み全世界配信可能な対戦型格闘オンラインゲームの開発を進めている。

MINDOLが主催するコンテストで募集したキャラクターを採用し、対戦相手に勝利すれば敗者からMINDOLトークンを獲得でき、白熱したバトルが世界中で繰り広げられます。

http://mindol.net/topics-jp/20180925_02jp/

仮想通貨取引所coinsuper(コインスーパー)上場記念として、1,500MINプレゼントキャンペーンを29日まで実施中。詳しくはこちら

■公式テレグラム
日本版https://t.me/MINDOLGROUP
海外版https://t.me/MINDOLGLOBAL

■公式Twitter
https://twitter.com/MINDOLPROJECT