Crypto

【米ドル保有者必見】Bittrex(ビットレックス)が新たな光を米ドルに

今回、投資家にとって嬉しい、米ドルを使用しての仮想通貨を購入する新しい方法が出てきました。

シアトルを拠点とするBittrex(ビトレックス)が、投資家が米ドルで仮想通貨を購入できるようにする新たな契約を締結したことがわかりました。

これまでの米ドル取引

今までは、カリフォルニア州の取引所Coinbaseで取引されているコインだけが米ドルで購入することができました。しかしこれは、約1500個の仮想通貨のうちのほんの部分の一部だけということになります。

そのため、大半の投資家は他の仮想通貨を購入するために1度ビットコインに換金しなければなかったので非常に手間なものでした。

創業者兼CEOのビル・シハラ氏は金曜日にFast Moneyで、CNBCに対し「Bittrexのすべての顧客が米ドル取引にアクセスできるように拡大するとともに、Bittrexでできるだけ多くの市場に展開すること」が目標だと語りました。

今まで、多くのコインはビットコインでしか買えなかったために、ビットコインと他の多くの仮想通貨の価値は密接に関連していましたが、これからはビットコインからそれらが切り離されるようになる可能性が高くなります。

現在、Bittrexでは200近い仮想通貨が取引されています。

シハラ氏は「その中で少数の選ばれたコインのみがBittrexの米ドル取引に協力してくれている」、また「このフェーズでは、システムのストレステストを実施しており、我々は、法定通貨の預金と引き出しを確実に処理できるよう、銀行と非常に緊密に協力している。また、取引に使用するエンジンそのものも、負荷を適切に処理できるようになるだろう」とも述べています。

業界の行く末

仮想通貨の分野は米国ではまだほとんど規制されていないために、多くのICO詐欺のために、金融機関や投資家はコインに対して慎重になっています。

そのために、他のトレーダーはビットコインのようなデジタル資産に投資するために外国市場を探し求めています。

しかし、シハラ氏は、「米国の規制当局と協力することは、この仮想通貨業界に価値をもたらすだろう」と最後に語りました。

 

 

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。