注目

SBIホールディングス:国内初の「暗号通貨ファンド」を立ち上げ

SBIホールディングスは26日の経営近況報告会で、国内初の「暗号通貨ファンド」を立ち上げることを発表しました。

形式としては出資者が事業者に対して出資を行い、事業者が出した利益を出資者に対して分配する契約である匿名組合となっている。募集開始期間は個人投資家向けに2020年夏頃からを予定しています。

株や債券等の伝統的資産との相関性が低い「暗号通貨」は分散投資の効果を高めるのが狙いとなっており、販売はSBI証券SBIマネープラザを通じて行われることが決定しています。

投資先銘柄としては、ビットコイン・イーサリアム・XRPが候補に上がっており、具体的な組入比率はSBI傘下のモーニングスターのアドバイスで判断されるとのことです。しかし資料ではXRPがその半分ほどを占めることが表示されている状態です。

SBIホールディングスの北尾吉孝CEOは暗号資産ファンドについて「XRPやビットコイン、イーサリアムを入れる。確実に機関投資家の金融商品として位置付けられるようになってきており、世の中全てのことがアナログからデジタルへと移行している。これは時代の流れであり、金融商品にこれから移っていくだろう。」と語っています。

今後の活動についても明らかに

暗号通貨交換業を営むSBI VCトレードも2020年5月での改正資金決済法等の施行を機に事業の拡大が行われることが明らかになっています。まずはスマートフォンアプリを6月までに予定し、スケジュールにはCFDサービスの提供も行われるということです。

2018年6月、SBI VC TradeはSBIバーチャル・カレンシーズのサービスを開始し、19年7月に取引所機能を提供する「VCTRADE Pro」を開始していました。今年の5月末には、初の新規口座キャンペーンを行い、対象者にXRP配布を完了しています。

口座開設については、スマートフォンで口座開設が完結できる「オンライン本人確認(eKYC)」を4月末に開始し、着実に体制を整えてきています。