クリプトマッスル

【〇〇疑惑】NOAH COINの真相解明!?

どうも!こんにちは!

クリプトマッスルです!

昨年、登場したNOAHCOIN(以下:ノアコイン)ですが、ついに先々月上場しました。

しかし、ノアコインの話を聞いていると、上場する前に買えば一攫千金!億万長者になれるよ!という紹介で存在を知り、怪しいなと思った方は多いのではないでしょうか?

実際どうなのかというところをクリプトマッスル的に見ていきたいと思います。

 

ノアコインとは?

そもそもノアコインとは、フィリピンの出稼ぎ労働者たち(OFW)が、実家や家族に稼いだお金を送金するための手数料を削減するために開発された仮想通貨です。

その送金額は年間約3兆円で、手数料だけでも3500億円とも言われております。

そこで、仮想通貨を利用することで手数料が安く、送金も早いという特徴を活かそうというプロジェクトとして始まったICOがノアコインになります。

さらに、フィリピンではノアコインで全てを決済出来る「ノアシティ」という街を建設中のようで、買い物、カジノ、家を買うことも全てノアコインで出来るようにするという壮大なプロジェクトもあると言われています。

 

ICO詳細

運営元 NOAH FOUNDATION(ノアファンデーション)
シンボル NOAH
供給量 216,000,000,000(プレセールでは432億枚(全体の5分の1)が販売)
承認方式 PoS
配当 初年度20%

公式HP: https://noahcoin.org 
ホワイトぺパー:https://noahcoin.org/wp-content/uploads/2018/02/NOAH-Whitepaper-Japanese.pdf
Facebook – https://www.facebook.com/NOAHCOINOfficial 
Twitter – https://twitter.com/NOAHCOIN_Proj

 

4回のセール期間

第1期 2017年1月11日~2月19日 1円 = 1.44 NOAH
日本とフィリピンのみでの販売
第2期  2017年4月3日~5月28日 1円 = 1.263 NOAH
第1期同様、日本とフィリピンのみでの販売
第3期  2017年7月24日~10月1日  1円 = 1.22 NOAH
販売地域が拡大し、アジア全域での販売
第4期 2017年12月11日~2018年4月30日 1円 = 1.18 NOAH
全世界での販売

 

詐欺?

ノアコインは最初、

  • ノアコインは国家プロジェクトでOFW問題を解決する為、国家ぐるみで行っている。
  • フィリピンを更に栄えさせるためにノアシティというリゾート街を作るのを目標とし、フィリピン航空とも提携を結んでいる。

と、このように宣伝しながらICOを開始しました。

またノアコインには初年度20%という高い配当もあり多くの人を魅きつけました。

しかし、その後在日のフィリピン大使館から以下の通達がありました。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。
ノア・グローバルは、証券取引委員会に登録されている住所に実在していません。ノア・グローバルの事務所住所(タギッグ市フォートボニファシオのネット・リマ・ビルディング、正確には10/F, Net Lima Bldg., 5th Avenue corner 26th Street, Brgy. Fort Bonifacio, Taguig City)への現地視察と調査を行なったところ、当該企業はネット・リマ・ビルディングのテナントではありませんでした。
(引用元:フィリピン大使館公式HP

さらに、ノアコインで集めた金で「ノアシティ」というリゾート街を作るために結んでいるといったフィリピン航空からも、「一切関係ありません」と言われてしまいました。

これにより詐欺のレッテルが貼られついには返金せざるおえない事態にまで発展してしまいました。

 

ついに上場か?

取引所上場

そんなノアコインですが、本来はフィリピンの独立記念日6月12日に取引所への上場を予定していましたが、ついに今年3月にイギリスのHitbtcという取引所で上場しました。

皆さんの期待を逆に裏切る結果となりました。

上場企業の株主に

以下、公式の発表になります。

【皆様のノアが東証2部上場企業の株主となりました】
NOAH ARK TECHNOLOGIES LIMITEDは、
2018年4月25日に、日本の東証2部上場企業であるビート・ホールディングス・リミテッド(東証市場第二部 コード番号:9399)の新株予約券300万個を取得しました。

ビート・ホールディングス・リミテッドは複合的な事業を展開するグループ企業であり、主にシンガポール、中国及びその他のアジアの地域において事業を展開しております。

当社は、A2Pメッセージング・サービス並びにソフトウェア製品及びサービスを提供しています。また、ウェルネス・サービス、ヘルスケア・ウェアラブル端末、センサー、メディカル情報、データ分析を提供し、知的財産権及びその他の権利のライセンシング事業も行っております。

18:00 noah project 2018年5月10日時点でのビート・ホールディングス・リミテッドの発行済株式総数(15,984,481.79 株(普通 株式及び A 種優先株式)を元に計算すると、今回の保有比率は 15.8%となります。

今回の株取得の
①目的、目標
日本、及び世界にノアコインの認知、及び普及を目指す事を目標とする
②今後のタイムスケジュール
随時、公式発表を行なっていく。
引き続き御支援宜しくお願い致します。

NOAH 公式発表

このビート・ホールディングス・リミテッドという会社ですが、なぜここの株主になったかというと香港に拠点を置いており、フィリピン人の家政婦が香港に多いという理由もあることからきているようです。

 

マッスル見解

ここまで見てきたように色々と曰く付きな仮想通貨ノアコインですが、わずか半年で変わってしまう評価に惑わされずプロジェクトの事をしっかり理解し、納得できる物にだけ投資すべきでしょう。

投資は自己責任ですのでまわりの意見に流されず、しっかり情報の良し悪しを見極める事が重要です。

そもそも初期段階での、誇大過ぎる広告やコインの価値が必ず上がるという煽りで購入を勧めていますが、投資の世界において「必ず」や「絶対」はありません。

仮想通貨はまだまだ新しい分野です。そのため仮想通貨に関する法律が整備されておらず、詐欺ICOや詐欺コインなどが後を絶えません。

一発あてれば億万長者になれるICOは非常に夢がありますがその可能性は低く、逆に詐欺ICOなら自分のお金を失ってしまうことにもなりかねません。

自分の身は自分で守りましょう!

 

 

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。