ビギナー(初心者)

KYC(Know Your Customer:顧客確認)とは何なのか?

どうも!こんにちは!

クリプトマッスルです!

仮想通貨関連のことを調べているとよくKYCという言葉を見ることがあります。

えっ?KFC?

チキンじゃありません。

今日はそのKYCについて分かり易く解説していきたいと思います。

KYCとは

そもそもKYCは仮想通貨業界に限った言葉ではありません。

KYCとはKnow Your Customerの略で、銀行に新規口座を開く際、銀行から要求される書類手続き等を相称して言う。

資金の国際的なフローがある中で、実在している個人、若しくは会社が口座を開設しようとしているか確認が必要である。
正体不明のものが口座開設した場合、その口座がマネーロンダリングに利用されていても、実態が把握できない。

昨今は秘密主義が原則のスイス銀行でさえ、必要あらば口座開設者情報を開示するとの動きがある。

(引用元:http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_5212.html

簡単にいうと銀行の口座開設の際の本人確認で、銀行から要求される書類手続き等の総称のことです。

これを行う理由として主なものは、マネーロンダリングといったような国際的犯罪に銀行が巻き込まれないようにするためだと言われています。

実は、これが非常に厄介なのです。

例えば個人の身分証明証(ID)程度ならいいものの、投資する資金の出所個人が持っている金融資産の内容国内で従事する会社の業種や職業ポジション、更には居住地や連絡先(電話番号、メールアドレスなど)、挙句の果てには投資を行う個人の投資属性そのものがリスクに見合っているかどうかと言った所まで含まれることがあるのです。

また、銀行側にとってもこれは非常に厄介な問題になっています。イギリスの銀行ではこのKYCルールを怠ると数十億単位の多額の罰金を課せられたりします。さらには、金融庁からの厳しい検査のために銀行は必死になってマネーロンダリング対策を行います。

しかし実際には、ほとんどの金融機関が完璧にルールに遵守することは難しいと言われており、物理的に必要なデータを収集することの困難さ以上に、個人情報を共有することに対する文化的な問題などがあります。

 

KYCと仮想通貨

ではなぜ仮想通貨に関連してKYCをよく目にすることがあるのか?

仮想通貨の場合、仮想通貨取引所で口座開設をするためにはパスポートや免許証などの証明写真、顔写真、両者が同時に移っている写真、住所確認のためのハガキ受け取りなどのKYCプロセスが設けられていることが多いです。さらに、最近ではICOに参加するためのアカウント開設においてもKYCが求められるようになってきています。

仮想通貨の取引は匿名性が高く、マネーロンダリングなど不正な利用が行われるリスクが高いため、健全な市場形成においてKYCは重要な役割を果たしているということです。

ブロックチェーン技術による効率化

上記で説明したようにKYCは色々と非常に面倒であることが、おわかりいただけたかと思います。

そこで、近年ブロックチェーン技術の発展により様々な企業がKYCを簡略化、効率化しようとしています。

KYCをブロックチェーン上で実現させて本人確認にかかる人的・金銭的コストを削減しようとしたり、そもそも各金融機関のKYC情報をブロックチェーンで共有したりなどが可能になります。

そうすることで、コストの削減はもちろんのこと資金移動業の100万円制限の撤廃、クレジットヒストリー、現時点の貸付残高もデジタルで各企業が厳密に管理できるようになります。

 

マッスル的見解

ブロックチェーン技術を応用したKYCはGMOインターネットがすでにオープンソースで公開しており、その他にも様々な企業や市などがこの取り組みを行なっています。

顧客と企業のどちら側にもメリットとなるこの取り組みが早いところ実現して欲しいものです。

今後に期待です!

 

 

今週のその他の記事

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。