ブロックチェーン

富士通がブロックチェーンで管理するクラウドサービスを開始

富士通は先日の6月6日に、観光地や商店街、商業施設などに向けて、デジタルポイントやスタンプ、クーポンなどの流通の仕組みを提供するブロックチェーンを活用したクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution ブロックチェーンアセットサービス」を発売しました。

価格(税別)は、初期費用が個別見積もりで、月額費用が150万円からで、販売目標は、2020年度末までに累計100件としています。

図1.「ブロックチェーンアセットサービス」の利用イメージ「ブロックチェーンアセットサービス」の利用イメージ 

(引用元:富士通公式サイト

QRコードなどをスマートフォンなどで読み込むことにより、デジタルポイントやスタンプを取得し、店舗や商業施設で使えるクーポンなどに変換できるようになるそうです。

また、ブロックチェーン上で、ポイントやスタンプ、クーポンの取得・使用データなどを、利用者情報とひも付けて利用者の嗜好や行動など詳細な分析もすることもできるそうです。

ブロックチェーンアセットサービスの導入側は、イベントのアプリなどとブロックチェーンアセットサービスのAPIを連携させることにより、観光地巡りのイベントや商業施設のキャンペーンなどにおける集客率の向上や購買意欲の増進が期待できるそうです。

また、ユーザーがアプリケーションと簡単に連携できるので、ブロックチェーンに関する知識や、専用のIT環境を持たなくてもサービスを利用できることになっています。

仮想通貨の台頭により話題になったブロックチェーン技術は、今や仮想通貨にとどまらず、文書管理、医療分野での応用、不動産取引など、様々な分野で活用されつつあり、今後のブロックチェーンの将来性にますます期待が高まります。

 

 

関連記事

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。