Press

MEXCがNFTインデックスを立ち上げ、ブルーチップNFTの購入の敷居を低くした

4月22日、NFTの新星「Moonbird」のフロア価格が36.5ETHs、総取引量が98万2000ETHsとなりました。初値2.5ETHsから1週間で最大1360%の上昇を記録しました。

しかし、Moonbird、Azuki、Meebits、BAYC、Cryptopunksといった優良なNFTプロジェクトは、素人投資家にとっては参入の敷居が高い状況でした。

最近、有名な暗号資産取引所であるMEXCは、一般投資家がこれらの優良なNFTプロジェクトに低い参入基準で参加・購入できるよう、NFTインデックス商品の提供を開始しました。本稿執筆時点では、NFTインデックスはMoonbird、Meebits、CLONE-X、DeadFellazを含む一連のインデックスであり、商品名はそれぞれNMOON、NMEEBITS、NCLONEX、NDEADFELLASとなっております。

NFTインデックスの価格は、MEXCのNFT資産の価値に基づいています。例えば、NMOONの価格は、#937、#4270、#5411、#347のそれぞれのコードを持つムーンバードの資産の価値によって裏付けられています。投資家は、対応するNFTインデックスの株を現物取引のように取引することができます。

興味深いことに、ブルーチップNFTの価格は通常、数個から数十個のETHを必要とし、これがNFT分野のプロジェクトと投資家の間での障壁になっています。NFTインデックスは、ユーザーがより簡単にブルーチップNFTを購入できるだけでなく、それに見合った権利と利益を享受することができます。

ユーザーはNMOONを購入することで、Moonbirdsのステーキング利回りを享受することができます。また、Moonbird、Meebitsなどのプロジェクトが新たに発行したトークンをNFT保有者にエアドロップする場合、NFT Index保有者はエアドロップに対応するトークンを受け取ることができます。

一方、ユーザーは自発的にNFTインデックスを売買できるだけでなく、NFTが一定量に達すると完全なNFTを償還することができます。

MEXCのNFTインデックス製品マネージャーによると、価格が上昇するNFTはほんの一握りで、特にPFP NFT(NFTXのプロフィール写真)がそうだとのことです。特にPFP NFT(NFTXのプロフィール写真)です。ほとんどのNFTの価値は下がり、ゼロになることさえあります。幸い、NFTインデックスは投資家が成長の余地がある優良なNFTを選別し、多くの価値の低いNFTを除外するのに役立っています。

本稿執筆時点では、主要暗号資産取引所がNFT産業の拡大に懸命に取り組んでいます。例えば、FTX、Coinbaseなどは、それぞれNFT取引プラットフォームを発行しています。一方、MEXCはユーザーの参入障壁を下げるために、まずNFTインデックスを発行することで業界を成長させる取り組みを始めました。

MEXCのNFTインデックス製品マネージャーはまた、MEXCがNFTインデックスの4つのシリーズを立ち上げたことを明らかにしました。今後もNFTを買い続け、NFTインデックスを多様化し、様々なNFTファンのニーズに応えていくとのことです。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万人以上のユーザーを持つ暗号資産取引プラットフォームで、現物、信用取引、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザーに提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界での経験があります。

詳細については、当社のウェブサイトブログをご覧ください。

また、TwitterTelegramでMEXCのフォローをお願いします!