注目

ビットコインキャッシュ:ハッシュレートの急落が判明

半減期を終えたばかりの暗号通貨ビットコインキャッシュのハッシュレートが急落していることが明らかになった。

Coinwarz.comのデータには、8日21時から下落したハッシュレートは1日半経過した10日7時時点でも勢いは収まることなく785 PH/sを記録するとともに、1 EH/sを下回ったと記載されている。これは半減期前の3.977 EH/sと比較して80%減の水準となっており、大幅なハッシュレートの低下をもたらす結果となった。

マイニングプールのステータスを見てみると、多くのプールが24時間比でBCHネットワークから撤退している状況が明らかになった。半減期による報酬減少が経済的合理性に基づきマイニングするマイナーに影響を及ぼしたのだという。

ビットコインキャッシュのブロックチェーンエクスプローラーで確認する限り、ブロック生成でも遅延が大幅に発生。通常では10分に1回のブロック生成も断続的な遅延が起こっていたことがすでに判明している。

具体的には直近で24時間、ビットコインが156ブロック生成しているのに対し、ビットコインキャッシュは57ブロックを記録。時間あたりのブロック数に変換したところ、ビットコインが6.50ブロック/hr、ビットコインキャッシュが2.38ブロック/hrと約3分の1までブロック生成の遅延が発生していたことになる。

しかし一部のマイナーの撤退を受け、ビットコインとビットコインキャッシュのマイニング収益性も均衡値まで回復の兆しを見せている。この辺りがハッシュレートの底値となる可能性が高いのだ。

ビットコインキャッシュにおけるハッシュレート下落はビットコインとビットコインキャッシュのハッシュレート比率にも悪影響となり、7時時点の比率は99.44%:0.56%となっている。これまでのハッシュレート比率でBCHは4%前後を推移していたことから差が大幅に拡大したことが明らかだ。

市場はハッシュレートの低下からネットワークセキュリティが低下したことを警戒する可能性も出てくるという。

ビットコインSVも半減期を日本時間10日10時前後に控えているが、マイナーの影響がどのように変化するのか、BTC・BCH・BSVのネットワーク状況には注目が集まるだろう。