NEWS

【日本初】Monero(モネロ)の不正マイニングで書類送 ※本人証言あり※

HPを閲覧した他人のPCで了解を得ず勝手にMonero(モネロ)のマイニングを行った容疑で1人が書類送検。他に関与した人物を今月中旬までに立件する方針との事を読売新聞毎日新聞社がそれぞれ報じました。

国内での仮想通貨マイニングはこの1年で爆発的に広まったが、不正使用で立件されるのは初めて。

 捜査関係者などによると、昨秋以降、自身が開設したホームページ(HP)に、閲覧しただけで勝手に仮想通貨「Monero(モネロ)」のマイニングに参加するプログラムを設置。閲覧者が気付かないままパソコンに指示を送り、不正にマイニングをさせた疑いがある。

 合同捜査本部は少なくともウェブデザイナーら3人を捜査。うち1人は今年3月、ウイルス保管罪で罰金10万円の略式命令を横浜簡裁から受けたが、「ネットの広告と同じ仕組みで、ウイルスではない」と否認し、今後、横浜地裁で正式裁判に移行する。

 パソコンに指示を送られてもウイルス感染のような大きな影響は出ないが、CPU(中央演算処理装置)が使われるため、動作が遅くなり電力も大量に消費する。合同捜査本部は、閲覧者の了解を得ていない点を重視し、刑法が定める「(所有者の)意図に沿うべき動作をさせず、または意図に反する動作をさせる」に該当すると判断したとみられる。マイニング参加を明示しているHPは立件の対象外とした。

 プログラムは「Coinhive(コインハイブ)」と呼ばれ、マイニングで得られる報酬の3割を開発者側、7割をプログラムをHPに設置した人が得る仕組み。昨年9月にネット上で公表された直後から、国内では導入するHPが現れ、情報セキュリティー会社トレンドマイクロなどが「悪用事例が後を絶たない」と注意を呼び掛けていた。

毎日新聞より

仮想通貨マイニングとは

例えばビットコインの場合、取引の記録はすべてブロックチェーンに書き込まれます。この際、膨大な取引情報を書き込むためにコンピューターリソースを使います。

この膨大な計算の対価として、最初にこの取引情報をブロックチェーンに書き込んだ人に対して新たなビットコインが支払われます。

この報酬を得るための行為がマイニング(採掘)と呼ばれています。

※マイニングの手法や仮想通貨の種類によって異なります。

▼詳しくはこちらの記事も参考にご覧ください。▼

コンセンサスアルゴリズムの種類と違いを解説

Coinhiveとは?

CoinhiveとはHTMLに数行のJavaScriptを埋め込むことでユーザー(HPを見に来た方)のブラウザからCPUを動かし、仮想通貨「Monero」のマイニングを行うツールです。

 

ウイルス対策ソフトのトレンドマイクロでは不正に仮想通貨のマイニングを行うツールをランサムウェア(悪意のあるソフトウェア)として位置付けています。

http://blog.trendmicro.co.jp/archives/tag/coinhive

本人ブログ?『仮想通貨マイニング(Coinhive)で家宅捜索を受けた話』

上記の報道に出てくる方と同一人物かは不明ですが、神奈川県警から家宅捜索を受けた方が記事を掲載している。

https://doocts.com/3403

表題の通り、お恥ずかしい限りではありますが、人生ではじめて警察(神奈川県警!)のお世話になる運びとなりました。
罪状としては「不正指令電磁的記録 取得・保管罪」、通称ウイルス罪とのことで、まさに青天の霹靂の思いです。

この記事を公開した目的は「他のクリエイターの人に同じ経験をして欲しくない」という一点に尽きます。

 

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。